第1条(目的)

(1) X-log利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社日本クラウディア(以下「当社」といいます。)が提供する本規約第2条にて定義する本サービスの利用にあたり遵守すべき基本的事項を定めるものです。
(2) 本規約は、当社と本サービスの利用に関する契約(以下「利用契約」といいます。)を締結した者(以下「お客様」といいます。)との間の一切の関係に適用されます。
(3)お客様は、利用規約に同意して本サービスを利用する必要があり、利用規約の承諾を示す本サービスの同意欄をクリックした場合、利用規約に同意したものとします。本規約に同意いただけない場合、本サービスを利用することはできません。

第2条(定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによります。
(1)「本サービス」とは、当社が「X-log」を含む名称で提供するサービスおよび、そのオプションサービスのことであり、本規約第4条にて定義した内容を指します。
(2)「無料サービス」とは、無料で提供される本サービスをいいます。
(3)「有料サービス」とは、無料サービスから有料サービスへ移行申込があった本サービス、あるいは、無料サービスを利用せずに有料で提供される本サービスをいいます。
(4)「オプションサービス」とは、当社が本サービスに付随関連して提供するサービスをいいます。
(5)「タグ」とは、お客様のウェブサイトのソースに埋め込むため、管理者画面から提供される JavaScript タグおよびプログラムをいいます。
(6)「お客様ウェブサイト」とは、本サービスにて解析を行うお客様が運営するウェブサイトをいいます。
(7)「お客様データ」とは、お客様が本サービスを利用する過程で、当社が管理するサーバーに蓄積され、管理者画面で照会できるアクセス解析結果の電子的なデータをいいます。
(8)「管理者画面」とは、お客様のウェブサイトに対する解析結果を照会、または、解析内容を設定するため、当社が提供するウェブサイトから提供されるウェブシステムをいいます。そのウェブサイトの URL はお客様に個別に知らせます。
(9)「協力会社」とは、本サービスまたは本サービスに関連した目的において、当社と協同してまたは当社が委託して業務を遂行する関係にある人や企業をいいます。
(10)「利用料金」とは、有料サービスまたはオプションサービスを利用する際にお客様が当社に支払う料金をいいます。
(11)「API連携」とは、API(アプリケーション プログラム インターフェイス)を利用して当社のシステムと他社のシステムとを連携することをいいます。

第3条 (規約の変更)

(1)当社は、本規約を変更する場合には、お客様が利用する本サービス管理画面への掲載その他当社所定の方法に従い、事前にお客様に対して通知します。通知の効力は、お客様が現実に通知を受領または認識したかどうかを問わず発生するものとします。
(2)前項における通知後、お客様が本サービスの利用を継続した場合、または、解約の手続きを取らなかった場合は、当該変更を承諾したものとし、特段の定めがない限り、利用料金その他のサービス提供条件は変更後の規約によります。
(3)当社は、前2項の規定にかかわらず、お客様の一般の利益に適合するとき、または、利用契約の目的に反せず、かつ、変更の必要性や変更内容の相当性その他の事情を考慮して合理的な変更であるときには、変更の効力発生時期を定めた上で、変更する旨および変更後の本規約の内容並びにその効力発生時期をインターネットの利用その他の適切な方法により周知することで、本規約を変更することができる。

第4条 (本サービスの内容等)

(1) 当社は、本規約に定める条件に従い、本サービスを提供します。
(2) 本サービスの内容および提供条件等の細目については別途当社が定め、マニュアル、サポートサイト等(以下「マニュアル等」といいます。)の形式でお客様に対して提示します。お客様は、本規約の他、マニュアル等に従い、本サービスを利用するものとします。
(3) 当社は、本サービスに付随関連して、オプションサービスを提供する場合があります。オプションサービスについても、当社が別段の定めをしない限り、本規約の規定が本サービスと同様に適用されるものとします。
(4) 本サービスは、インターネット等の環境に依存する場合があるため、確実に記録・分析することを保証するものではありません。

第5条 (仕様変更)

(1) 当社は、当社が必要と判断した場合、お客様に告知することなく、いつでも本サービスのサービス内容の変更、サービス名称の変更、新しいサービスの追加、既存サービスの一部または全部の廃止、アクセス解析仕様の変更(以下、総称して「仕様変更」といいます。)ができるものとします。
(2) 当社は、お客様に対して、当社が公表する必要があると判断した仕様変更に対して、製品紹介ウェブサイトもしくは管理者画面またはその両方で、仕様変更の内容を公表します。

第6条 (利用契約の締結)

(1) 本サービスの利用を希望する者は、本規約に同意の上、当社所定の方法または当社が指定した代理店等に対し、本サービスの利用契約の申し込みを行うものとします。
(2) 本サービスの提供は、前項の利用契約の申込みを当社が承諾し、当社がお客様に対し電子メール等により送付する登録完了通知が到達した日、または、同通知に記載された利用開始日から開始します。

第7条 (利用契約の申込の拒絶)

(1)当社は、お客様が次の各号のいずれかに該当する場合には、お客様からの申込みを拒否することができます。
a. お客様が既に同一の申込内容で利用登録を完了している場合。
b. お客様の申込み内容の全部または一部につき、記載漏れ、誤記または虚偽の情報、不十分な情報、不正確な情報、利用希望者以外の情報若しくは最新のものでない情報があった場合。
c. 日本国の法律に違反する、または、違反するおそれのあるウェブサイトに本サービスを利用しようとする場合。
d. お客様が当社の社会的信用を失墜させる態様で本サービスを利用するおそれがある場合。
e. お客様に本サービスを提供することが、当社の業務遂行に著しい支障をもたらす恐れがある場合。
f. お客様が日本国内に居住していない場合。
g. お客様が当社の本サービスと類似のサービスを法人または個人へ提供している場合。
h. お客様が利用料金の支払いを遅延した場合。
i. その他、当社が申込を承諾することが相当でないと認める場合。
(2) 当社が、お客様に対して本サービスの利用申込みを拒否する場合、当社は速やかに当社が適切と判断する方法で、お客様にお知らせします。この場合、当社は拒否の理由をお客様に開示する義務を負いません。

第8条(利用料金)

(1)本サービスの利用料金は、当社所定のウェブサイト上または本サービス案内資料等の本サービスに関する料金表の記載に従い算定されるものとします。
(2)本規約第7条による申し込みの拒絶、または、その他契約解除等により利用契約の有効期間の満了前に本サービスの利用が終了した場合、または、その他いかなる場合であっても、当社に対し利用申し込み期間満了までの利用料金等全額の支払義務を負うものとし、当社は受領した利用料金等の返還を行いません。
(3)当社は、経済事情の変動または本サービスの内容の変更、拡張等によって利用料金等を変更する必要が生じた場合には、利用料金を改定することができるものとします。この場合、第3条の規定を準用するものとします。
(4)お客様は、当社または当社が指定する代理店等からの利用料金(消費税含む)の請求に基づき、当該利用料金を当社または代理店に対して当社の指定する方法で支払うものとします。
(5)利用料金(消費税含む)の請求を受けたお客様は、指定の支払期限までに、当該利用料金を支払うものとします。なお、振込手数料等はお客様負担とします。
(6)当社は、利用料金支払いの受領の際に領収書の発行はせず、銀行振り込みの場合は、お客様自身が手配する銀行振り込み明細書をもって領収書の発行に代え、クレジットカード払いの場合は、当社が発行するクレジットカード利用明細を領収書に代えることとします。
(7)有料サービスご利用にあたっては、当社がお客様からの支払い、または、当社指定期日での支払い意思を確認し、お客様の申込み内容を承諾した上で、本サービスの利用が開始できます。

第9条(自動更新)

(1)有料サービスは自動継続とします。有料サービスの利用を停止する場合、有料サービス終了日に対し当社が指定する日時までにサービス停止の旨を通知することとします。
(2)有料サービスの自動継続における本サービス提供期間は、自動継続前の利用期間と原則として同じ長さの期間とします。
(3)お客様は、利用料金等の支払を遅延した場合、支払期限の翌日から完済に至るまで、年14.6%の遅延損害金を当社または当社が指定する代理店等に支払うものとします。

第10条(設備等の準備)

(1)お客様が本サービスを利用するために必要な端末および通信回線の購入、設定等は、すべてお客様の責任と負担で行うものとします。
(2)お客様は、本サービスを利用するため、本サービスで解析するお客様のウェブサイトに、お客様の自己の責任および費用負担においてタグを挿入しなければなりません。
(3)お客様の要望により、当社がお客様に代わってタグを挿入する場合、お客様のウェブサイトの改変、改修により発生するあらゆる直接的および間接的損害並びに費用について、理由の如何を問わず、当社は一切の責任を負いません。
(4)お客様が本サービスの利用開始に必要な準備および設定ができない等、当社の責めに帰すべき事由によらずにお客様が本サービスを利用できない場合は、当社は一切責任を負いません。

第11条(ユーザIDおよびパスワード)

(1)お客様は、当社から交付された本サービスを利用するためのユーザーID(アカウントID)およびパスワードその他の認証情報(以下「ID等」といいます。)を、当社の書面(電子的な書面を含む)による承諾なしに、有償・無償を問わず第三者に譲渡または貸与することはできないものとします。
(2)お客様は、自己の責任においてID等を管理、使用するものとします。万一、お客様によるID等の管理または利用が不適切であったことが原因で、お客様に不利益が生じても、当社は一切責任を負わないものとします。
(3)お客様は、ID等を失念した場合または盗用された場合は、速やかに当社に連絡し、指示に従うものとします。

第12条(他社とのAPI連携)

(1) お客様が本サービスと本サービスが提供している他社とのAPI連携(以下「API連携」といいます。)を行った場合、本条の規定が適用されるものとします。
(2) お客様が、API連携を利用するにあたっては、Googleと接続する場合はGoogleの定める利用規約、およびAPI利用規約、また、ヤフーとの接続を行う場合はヤフー株式会社の利用規約およびAPI利用規約に予め同意したものとし、その他のAPI連携の場合も同様に、接続先の各利用規約に同意したものとします。
(3)Googleおよびヤフー株式会社の提供するAPIに問題があった場合、API連携の提供に支障が出る場合があります。また、当社は提供されるAPIおよびそれに付随する問題については、一切責任を負うものではありません。
(4) お客様が、API連携を利用するにあたっては、連携するサービスでお客様に付与されているID・パスワードを当社に提供し、本サービスのシステムが当該ID・パスワードを利用してアクセスすることを許諾するものとします。

第13条(変更の届出)

お客様は、お客様の氏名、名称、連絡先、住所または居所に変更があった場合、管理者画面又は、管理者画面が利用できない状況においては、カスタマーサポート宛ての電子メールを通じて該当する内容を変更しなければなりません。

第14条(通知方法)

(1)当社からお客様に対する通知は、別段の定めのない限り、当社指定の申込書に記載された電子メールアドレスまたはお客様が予め指定する電子メールアドレス宛てに電子メールを送信、または当社のホームページに掲載するなど、当社が適当と判断する方法により行います。
(2)当社がお客様に対して前項の方法により通知した場合、当該通知がお客様に到達しなかったとしても、それぞれ電子メールの発信またはウェブサイトへの掲載がなされた時点から効力を生じるものとし、電子メールの不到達、掲載の不確認に起因して発生した損害について当社は一切責任を負わないものとします。

第15条(権利の譲渡)

お客様は、当社の書面(電子的な書面を含む)による承諾なしに、本サービスを利用する権利その他当社との間の契約上の地位を、第三者に対して譲渡、再許諾、担保設定、貸与、リース等を行ってはならず、また引き受けさせてはなりません。

第16条(禁止事項)

お客様は本サービスを利用するにあたり、下記の行為または下記の行為に該当するおそれがある行為を行わないものとします。
(1) 法令に違反する行為。
(2) 公序良俗に反する行為。
(3) 当社の権利、名誉または信用を毀損する行為。
(4) 当社のネットワークおよびインターネット網、また、それらに接続されたサーバー設備等への過大な負荷を与える行為、または、それらの正常な処理を妨害する行為。
(5) 当社のネットワークおよびインターネット網、また、それらに接続されたサーバー設備等に不正にアクセスする行為。
(6) 本サービスまたはこれに関連するソフトウェア、書類もしくはデータのソースコード、オブジェクトコードまたはその下層にある構造、アイデアもしくはアルゴリズム等を、複製、頒布、貸与、リース、変更、改竄、翻訳、翻案、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルする行為。および本サービスの派生製品、類似商品、または、当社が競合商品と認める商品を作成、所持、および販売(代理販売を含む)する行為。
(7) 当社もしくは第三者の著作権・商標権等の知的財産権、その他の財産権等の権利を侵害する行為。
(8) 本規約または当社のウェブサイトにおいて明示されている方法、または本サービスの利用目的以外の目的において、本サービスを利用する行為。
(9) その他、当社が不適当であると判断する行為。

第17条(セキュリティ)

(1) 当社は、本サービスの安全を確保するために、セキュリティ防護措置に努めます。但し、当社は、ハッキング、サイバー攻撃その他本サービスの不正な利用を完全に防止することを保証するものではありません。
(2) お客様は、ネットワークやソフトウェアには、既知(公表されたソフトウェア等のセキュリティ上の脆弱性で脆弱性対策が未実装の場合等を指すが、これに限られない)および未知のセキュリティ脆弱性が存在する可能性があることを承諾することとし、自己の判断において当該ソフトウェア等に対してライセンサーその他第三者より提供される修正、更新ソフトウェアの適用、その他必要な措置を講じることとします。

第18条(お客様の協力義務)

(1) お客様は、当社によるシステム保守その他のサポート等が行われる場合において、当社から要請があった場合には、本サービスを提供するに際して必要な情報の提供、お客様の事務所への立ち入り、利用環境の説明その他の協力を行うものとします。
(2)お客様は、本サービスの利用に際して、当社から要請があった場合には、当社との連絡窓口となる担当者を定め、当社に通知するものとします。また、当該担当者が変更となった場合は、直ちに変更後の担当者情報を当社に通知するものとします。

第19条(責任の制限)

(1) 当社は、本サービスで提供される機能が永続的に利用できることを保証しません。また、お客様は、当社の提供する本サービスがお客様の要望に合うものかどうかを、自ら判断しなければなりません。
(2) 当社は、お客様が本サービスの全部または一部の利用ができないことにより発生する、あらゆる直接的および間接的損害について理由の如何を問わず一切の責任を負いません。
(3) 当社は、お客様が当社の提供するマニュアルに反して本サービスを誤使用した結果破る損害については、一切責任を負いません。また、それ以外の場合でもお客様が本サービスを利用することで、営業上の不利益が発生した場合も、当社は一切責任を負いません。
(4) 当社は、第三者がお客様の管理者ログインIDおよびパスワードを不正に使用する等の方法で、本サービスを不正に利用することによりお客様または第三者に損害を与えた場合について、理由の如何を問わず一切の責任を負いません。
(5) お客様が、本サービスの利用により第三者(他のお客様も含む)に対し損害を与えた場合、お客様は自己の責任によりこれを解決しなければなりません。この場合、当社は、理由の如何を問わず一切の責任を負いません。
(6) 当社は、天災、台風、地震、その他の天変地異、疫病(新型コロナウイルス(COVID-19)感染症を含むが、これに限られない)、戦争(宣戦布告の有無を問わない)、暴動、内乱、法令等の改正、公権力の公使、および、通信回線、電気設備、本サービスの関連システム、本サービスの関連設備、API連携先システム全般の障害または修繕保守、または当社の責めに帰すべき事由によらない本サービスの提供の中止、停止等について一切の責任を負わないものとします。
(7) 本条第 1 項から前項までの場合以外において、当社がお客様に対して責任を負う場合といえども、当社が賠償する総額は、紛争が発生した日の前1ヵ月間にお客様が本規約に基づいて支払った金額を超えないものとします。

第20条(知的財産権)

(1) 本サービスに関する著作権、特許権、商標権、その他一切の知的財産権は当社または当社のライセンサーに帰属します。
(2) お客様は、前項の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為を行ってはなりません。
(3) お客様は、本サービス利用期間中および期間終了後を通じ、お客様データを含め、本サービスで提供される一切について、所有権、著作権等の権利を有しないこととします。

第21条(秘密情報の取扱い)

(1) お客様および当社は、相手方から提供を受けた技術、営業その他業務上の情報のうち、相手方が特に秘密である旨指定した情報(以下「秘密情報」といいます。)を目的以外では使用せず、第三者(ただし、当社においては協力会社を除きます)に開示、漏洩してはならないものとします。
(2) 前項にかかわらず、次の各号の一に該当する場合は秘密情報には含まれないものとします。
a. 自己の責に帰すことのできない事由により、提供時点で既に公知であるかまたは提供後に公知となった場合
b. 自己が提供の時点で既に保有していた場合
c. 第三者から守秘義務を負うことなく適法に入手した場合
d. 自己が独自に開発した場合
(3)当社は、法令等もしくは証券取引所規則の規定に基づいて秘密情報の開示を要求された場合、または裁判所、官公庁もしくは捜査機関等の公的機関から秘密情報の開示を要求された場合には、必要最小限の範囲内で秘密情報の開示等を行うことができることとします。

第22条(個人情報の取扱い)

(1) 当社は、特定の個人を識別できる情報(以下「個人情報」といいます。)について、本サービスの提供において必要な期間、これを保有することができます。
(2) 当社は、個人情報を提供したお客様(法人などの団体を含む)自身以外のものに開示、提供せず、本サービスの提供のために必要な範囲を超えて利用しないものとします。
(3) 前項にかかわらず、当社は、法令等もしくは証券取引所規則の規定に基づいて秘密情報の開示を要求された場合、または裁判所、官公庁もしくは捜査機関等の公的機関から秘密情報の開示を要求された場合には、必要最小限の範囲内で個人情報の開示等を行うことができることとします。
(4) 当社は、法令の規定に基づき保存しなればならない場合を除き、利用契約の終了後または当社が定める保存期間の経過後は、個人情報を消去するものとします。

第23条(取得データの取扱い)

(1) 当社は、お客様のウェブサイトの閲覧記録、広告運用情報、決済情報等、お客様による本サービスの利用によって当社が取得する一切の情報(以下「取得データ」といいます。)のうち、個人情報等に該当する情報については、前条に従って取扱うものとします。
(2) 当社は、本サービスを提供し、または当社のサービスの改善を図るために必要な範囲で取得データを使用し、複製・保存することができるものとします。ただし、これによって当社に取得データをバックアップする義務が生じるものではなく、取得データの消失、バックアップをしなかったこと、バックアップした取得データを保存していなかったこと等について、当社は一切責任を負わないものとします。
(3) 当社は、自らまたは協力会社において、お客様の広告配信効果および本サービスの向上および改善を目的として、お客様のIDを共有する等の方法により、取得データのうち個人情報を除く情報を使用することができるものとします。また、当該使用には、情報の分析、解析等の他、当該目的の達成に必要な範囲において、協力会社に情報を提供することを含みます。
(4) 前項に定めるほか、当社は、特定の個人やお客様を特定できない形で、当社または協力会社の発行する統計情報に取得データを使用することができるものとします。
(5) 当社は、解除、解約等により利用契約が終了したときは、本規約に別段の定めがない限り、取得データを全て消去できるものとします。

第24条(事例の公開)

(1)当社は、お客様からの特段の申し入れのない限り、お客様の会社名を当社導入企業として公開することができるものとします。
(2)お客様は、当社からの申し出に基づき、事例を公開する場合に必要な範囲でロゴおよび商標等の使用を当社に無償で許諾するものとします。

第25条(クッキー情報等に係る同意取得)

(1)お客様は、お客様のウェブサイトでの閲覧者固有の情報(クッキー情報、IPアドレス、広告ID、ユーザーエージェントを含み、これらに限られません。)の取得について、適用法令・ガイドライン上事前の同意が要求される場合(お客様のウェブサイトが、EU加盟国等の欧州経済領域(EEA :European Economic Area)に属する国の在住者へのサービス提供を想定しているものである場合を含みますが、これに限られません。)、適用法令上必要とされる情報をクッキーノーティスの掲示などお客様の責任において決定した方法で示した上で、当該ウェブサイトの閲覧者からクッキー情報等を取得することについて事前同意を得なければならないものとします。
(2)当社は、お客様の参考のために、閲覧者からの同意取得の方法に関する情報をお客様に提供する場合がありますが、当社はかかる提供の義務を負わないものとします。また、当該情報の内容の正確性、適法性、適切性等について当社は一切の保証をせず、適用法令の違反による責任および損害等についてはお客様が一切の責任を負うものとします。

第26条(利用時間)

(1) 本サービスは、一日24時間・一年365日の提供を原則としますが、当社は次の場合本サービスの全部または一部の提供を中断または停止することができます。
a. 本サービス提供のための設備(コンピュータシステムを含む)の修繕・保守・点検・工事等が必要である場合
b. 本サービス提供のための設備に障害が発生した場合
c. 当社が利用する通信回線・電力などの提供が中断した場合
d. 天災、疫病(新型コロナウイルス(COVID-19)感染症を含むが、これに限られない)、暴動、その他の非常事態が発生し、あるいはその恐れがあるために、システムの稼働または関連設備利用の制限等を受けた場合、または当社がその必要を認めた場合
e. 法律、法令等に基づく措置、または、公権力の行使により本サービスが提供できない場合
f. 第三者による加害行為等により、本サービスの履行に支障が生じる場合
g. その他当社がやむを得ないと判断した場合
(2) 前項に掲げる事態により、サービスを中断または停止する場合は、その3日前までに通知するよう努めるものとします。ただし、緊急の場合は、事前通知することなく本サービスを停止することがあります。
(3) 前各項に定める事由により、本サービスの全部または一部の提供を中断または停止した場合でも、当社はそれによる損害賠償の一切の責を負わず、お客様は当社に対する当該期間中の利用料金の支払義務を負うものとします。

第27条(契約解除および解約)

(1) 当社は、以下のいずれかに該当する場合、お客様が本サービスを利用中であっても、お客様の同意を得ることなく、直ちに契約を解除することができます。
a. 第 4 条(本サービス利用の拒否)第 1 項のいずれかに該当することが判明した場合。
b. お客様が本規約のいずれかの条項に違反した場合。
c. 当社とライセンサーとの間の契約終了により、本サービスが提供できなくなった場合。
d. お客様に次にあげる事由の一つが生じたとき。
・ お客様が、金融機関から取引停止処分を受けたとき。
・ お客様が、第三者により仮差押、仮処分、強制執行を受け、本規約の順守が困難と当社が判断したとき。
・ お客様について、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始などの申し立てが行われたとき。
・ お客様が、解散、合併、会社分割、営業の全部または重要な一部の譲渡が決議され、本規約の順守が困難と当社が判断したとき。
・ お客様が、公租公課の滞納処分を受けたとき。
(2) お客様が次の各号のいずれかに該当した場合または、該当するおそれがあると当社が判断した場合は、当社は何ら通知、催告をせず、また、お客様の同意を得ることなく直ちに契約を解除することができます。
a. お客様の代表者、責任者、実質的な経営権者、もしくは株主が、暴力団、暴力団組員、暴力団関係者、総会屋、その他反社会的勢力(以下「暴力団等」といいます。)であるとき、また、暴力団等であったと認められるとき。
b. お客様の代表者、責任者もしくは実質的に経営権を有する者が、暴力団等への資金提供を行う等、その活動を助長または利用する行為を行ったとき。
c. お客様の代表者、責任者もしくは実質的に経営権を有する者が、自らあるいは第三者を利用して当社に対し、暴力的または威圧的な行為、もしくは当社または当社の関係者の名誉、信用を毀損する行為を行ったとき。
(3)お客様は、有料サービス利用期間中の中途解約は出来ません。
(4) 当社は、お客様が有料サービスを申込み時または継続時に支払った利用料金は、第 4 条に基づく申込みの拒否の場合を除いて、いかなる場合でも返金は致しません。
(5) 当社が第1項または第2項の規定により契約の全部または一部を解除した場合は、お客様に損害が生じても、当社はこれを一切賠償しません。
(6) お客様が第1項または第2項各号のいずれかに該当した場合、お客様は当然に本契約およびその他当社または当社が指定する代理店等との間で締結した契約から生じる一切の債務について期限の利益を失い、お客様は当社または当社が指定する代理店等に対して、その時点においてお客様が負担する一切の債務を直ちに一括して弁済しなければならないものとします。

第28条(利用契約終了後の措置)

(1) 利用契約が終了した場合(理由の如何を問いません。以下本条で同じ)、お客様は、直ちに本サービスの利用を中止するものとします。
(2) 利用契約が終了した場合、お客様は、お客様が保有している本ソフトウェアおよび当社の秘密情報(複製物を含みます。)を、当社の指示に従い、速やかに返却または削除するものとします。
(3) 利用契約が終了した場合、お客様のウェブサイトに挿入したタグを、お客様は自己の責任および費用負担において削除するものとし、当社が本サービスを提供するためのサーバーに負荷をかけないものとします。
(4) 利用契約が終了した場合、当社はAPI連携先の設定等を可能な限り本サービス利用前の状態に戻しますが、利用前の状態に戻ることを保証するものではありません。また、その作業中、作業後に起こる状況について、当社は一切の責任を負わないものとします。
(5) お客様は、利用契約の契約期間中および利用契約の終了後、必要に応じて、自らの責任においてコンテンツ等のバックアップその他の保存処置を講ずるものとします。自らの責任においてコンテンツ等の保存処置を講じず、前項の規定に基づき当社がお客様のデータ等を削除した場合において、当社は一切の責を負わないものとします。

第29条(管轄裁判所)

本サービス利用による紛争が発生した場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第30条(準拠法)

利用契約は、日本国法に準拠し、同法に従って解釈されるものとします。

第31条(一部無効)

利用契約等のいずれかの部分が無効である場合でも、利用契約等全体の有効性には影響がないものとし、かかる無効の部分については、民法、商法等の法令を適用するものとします。

第32条(協議)

本規約に定めのない事項または疑義が生じた事項については、信義誠実の原則に従い当社と利用者が協議し、円満に解決を図るものとします。

第33条(利用契約との関係)

本規約と、お客様と当社が締結した個別の利用契約との間で矛盾、抵触が生じた場合、個別の利用契約の定めが優先するものとします。

第34条(存続条項)

利用規約の規定は、本利用契約の終了後もなお有効に存続するものとします。

第35条(発効期日)

本規約は 2020年6月1日より効力を生じます。

無料でも充分な成果を生み出すX-log.ai

不要な広告クリックから1社でも多くの企業を守る為に、無料でご提供しております。
広告の不要クリック確認にお役立てください。