機能について

サイトへの流入を50項目以上から採点することにより、点数によって判断をしております。
申し訳ありませんが、不正クリックを行う業者に回避される可能性がございますので、詳細の公開は出来かねます。

アクセスを独自のアルゴリズムで採点し、点数ごとに10段階で不正レベルを表示しています。
詳細は公開ができませんが、今までX-logでのノウハウをもとに50項目以上の条件より判断しています。デフォルトでは8以上を不正としています。

無駄なクリックとは、競合企業やクリック代行業者からのクリック、不要なサイトやアプリからのクリックなどコンバージョンにつながる可能性が低いクリックをいいます。
X-logでは、独自のアルゴリズムにより流入を採点し、無駄なクリックを判別しています。
導入して頂いた企業様の平均は広告クリックの10%ほどが無駄なクリックとして確認されています。
クリック単価が高いサービスや競合性が高い業種の方は無駄クリックの割合が高い傾向があり、30%以上確認される企業様もいらっしゃいます。

現在管理画面上で広告流入と解析されるのは、Google広告検索型、GDN、Yahoo広告検索型、YDNとなります。
他広告のパラメータが付与されている場合は、解析データをCSVでダウンロードし、URLのパラメータより抽出して頂くことは可能です。

管理画面上でSNS広告の流入は確認ができませんが、他ツールのパラメータが付与されていれば、ダウンロードしたCSVで確認は可能です。
CSVで確認した端末を管理画面で検索できますので、X-log遮断機能(ブラウザをフリーズ)を手動で設定して対策することができます。
※解析データのCSVダウンロードと検索機能は有料プランの機能となります。

除外は、不正を行うIPをGoogle広告の除外IPへ入れていく対策となります。対象IPに広告が表示されなくなります。
遮断は、不正を行う端末にX-logの遮断機能を設定する対策となります。対象端末が広告クリックをすると白い画面に遷移しブラウザがフリーズします。

Yahoo広告に除外IPの機能が無いため、Google広告のみの対応となります。

ご利用プランについて

リスティング広告をご利用中の企業様にご利用いただいております。
X-log.ai(無料プラン)では、月間PV数の上限を10万PVのサイト様としております。10万PVを超えた場合は、有料プランに移行して頂くか、PV数を調整(タグの削除など)して頂き無料プランをご継続して頂いております。(+システムの条件)
X-og.biz(有料プラン)では特に利用条件はございません。最低ご利用期間もないため、いつでも無料プランに変更していただけますが、無料プラン変更後に再度有料プランにした場合、初期費用も再度発生します。
X-log.pro(有料プラン)は、担当者がCSVデータを目視で確認する為、月間PV数を100万PV以下のアカウント様とさせていただいております。

PV数でご利用料金が変動しますので、サイトの状況にもよりますが
3万PVまでのサイト様ですと、月30万円以上のサイト様が目安となります。
また、無駄なクリックが少ない場合も企業分析機能を活用するために有料プランをご導入される方もいらっしゃいます。

10万PV以上のサイトもご利用いただけます。
PV数によって期間は異なりますが1か月ほどデータを蓄積し、無駄クリックの現状をお伝えするので結果をご確認頂き、
有料プランへ移行、解析を停止、PVの調整をし無料プランを利用など今後のご利用方法をご相談させていただきます。

設定について

X-logのアカウント1つで複数ドメインを解析することが可能です。(無料版は5個、有料版は30個)
ただし、媒体とのAPI連携がX-logアカウントに対してGoogle広告、Yahoo広告それぞれ1アカウントのみの連携となっているため、広告アカウントが分かれている場合は、X-logのアカウントも分けて頂いたほうが管理がしやすくなります。
別のGoogle広告アカウント(またはYahoo広告アカウント)を1つのX-logアカウントで解析した場合、API連携していない広告アカウントへの除外IPや配信除外登録は手動で行っていただく必要がございます。
また、管理画面での表示は解析全体の結果となります。ドメイン毎のデータを確認する場合は、ダウンロードしたCSVデータより抽出してご確認が可能です。

現状、X-logアカウントに対して連携できる広告アカウントは、1アカウントのみとなります。
主要となる広告アカウントをご連携いただき、登録されている除外IPや配信先を、連携していない方の広告アカウントにも手動でご登録いただく必要がございます。登録中のリストは管理画面よりダウンロードが可能です。

広告媒体とAPI連携して頂いた場合、X-logの画面上でX-logご利用前にお客様が登録したIPの情報(既存リスト)をCSVにてダウンロードが可能です。
基本的に既存リストは除外IPに残りますが、X-logから登録する際に媒体の上限(Googleの除外IPの場合、500件)に達しますと、X-logより登録する分だけ削除されます。
特定のIPをX-logの画面より固定登録(除外IPから削除しない)をすることも可能ですが、登録をしすぎますと不正IPの登録枠が少なくなりますのでご注意ください。

その他

設定や各画面の操作方法はサポートサイトで画像付きでご説明をしております。
また、初期設定は弊社で無料で代行作業も行っております。
ご不明点がある場合は、管理画面よりお問い合わせが可能です。

リニューアル前のX-logでは、無料プランはなく1ヵ月トライアルをご活用いただいておりました。
中期的に解析できれば削減効果が見込まれる方でも、不正クリックがトライアルの1か月で導入するほど見つからず
見合わせとなることも多かったので、無料プランをご導入頂き対策がさらに必要な時にお声がけができるようにしております。

無料でも充分な成果を生み出すX-log.ai

不要な広告クリックから1社でも多くの企業を守る為に、無料でご提供しております。
広告の不要クリック確認にお役立てください。